地方志向の気持ちが合致した薬剤師の高額給与の転職

地方の薬剤師は即戦力を求められる分給料も高め

結局、高額の仕事ではあるものの、あまりその地域での生活に馴染めなかったことから別の地域で同じような求人を探すことにしました。
もう一度転職することになるとは考えていませんでしたが、地方で働こうと考えるとやはり薬剤師の確保が急務になっている調剤薬局が多くて引く手あまたな状況があります。
再度の転職となってもまたすぐに職場を手に入れることができました。
この場合にもまた高額での待遇であり、仕事内容についても以前と同様にやや多忙気味で広い仕事を一通りこなせなければならない状況でした。
ある程度の現場経験がないと地方で薬剤師として働くのは難しいと考えた方が良いというのがこの経験からよくわかったことです。
即戦力であらゆることができなければならないという条件の厳しさがあるからこそ給料も都心部に比べて高めになっています。
よく考えてみれば研修を受けることなく勤務日当日からすぐに調剤を行っていたというのが、どちらの職場でも共通することでした。
逆に、これまで薬剤師として働いてきた経験を生かして活躍できる職場でもあるでしょう。
自分も結局はその魅力に駆られて地方での仕事を続けているのが現状です。
転職をする動機こそ不純であったかもしれませんが、今となっては地方の人々に貢献できる立場で働けていることに満足しています。

薬剤師求人は地方の方が高給?! | 地方の調剤薬局には薬剤師として魅力的な求人が | 地方の薬剤師は即戦力を求められる分給料も高め