地方志向の気持ちが合致した薬剤師の高額給与の転職

薬剤師求人は地方の方が高給?!

薬剤師になると高級取りだと思われがちですが、決してそれほど高いわけではありません。
安定した仕事につきやすいという点では優れていて、就職してすぐの給料が比較的高めなのは事実でしょう。
ところが、同じ医療職で比較したら劣ってしまいがちなのは確かです。
それが不満に感じられていたため、他に良い仕事がないものかと考えて転職することを考えるようになったのは、近くの調剤薬局で働き始めて4年ほど経ったときでした。
高額の求人があるなら飛びついてみようと思ったのです。
高額の仕事というと都心部で働くものだという固定観念を持っていて、東京での仕事をずっと探していました。
しかし、その枠組みを外して調べ始めてみてわかったのが、地方で意外に高額な仕事があるということでした。
ただの調剤薬局での募集であるように見えるにもかかわらず、都心部での求人に比べて100万円以上も年収が高く設定されていたのです。
もともと都心部で探していたのは給料が良いはずだという考えからであり、自分の気持ちとしては地方で働きたいというのがありました。

薬剤師求人は地方の方が高給?! | 地方の調剤薬局には薬剤師として魅力的な求人が | 地方の薬剤師は即戦力を求められる分給料も高め